ポイントカードの基礎知識とは?クレジットカードの魅力

ほのぼの寒中見舞い

特典の一つとしてクレジットカード会社により、独自の設定などがされているポイント制度。
利用金額が百円ごとに1ポイントが貯まるものから、一万円ごとに貯まるものまでさまざま。
ポイントの価値も、1ポイント=1円から、1ポイント=5円までと幅広くあります。

ポイントカードを検討する際に大切なのは、ポイント付与率とポイント還元率の二つでしょう。還元率(ポイントの価値)は、ポイントをどのようなものと交換できるかにより異なりますが、
キャッシュバック以外だと、実際に交換できる商品券の価格が目安になると思います。

カード会社によって異なる還元率

コンビニやスーパーなど、指定日に購入するとポイント付与率は5~10倍、誕生月なら5倍、
提携先ショッピングモールで2~20倍など、利用方法によって貯まり方が大きく異なるため、
まずは、基本となる付与率や還元率を確認し、お得なポイントカードを選びましょう。

カード会社が発行している多くのものは、1000円=1ポイント/1ポイント=5円が基本で、
利用金額に応じて翌年から付与率が上がったり、別途、ボーナスポイントが付いたりします。
中には、100円=1ポイント/1ポイント=1円以上というお得なカードもあります。

普段の買い物でポイントが貯まる

実際に獲得できるポイントには種類があり、例えば、家電量販店系のクレカとして人気の高い、「ビックカメラSuicaカード」はビューカードが発行元で、ビューサンクスポイントが貯まり、
ビックカメラのポイントカードも兼ねていますので、ビックポイントも貯められます。

具体的には、ビックカメラのカード決済で、ビックポイントが現金払いと同率で付与されたり、
提携先のJR東日本で定期券や特急券を購入したり、Suicaチャージをすると1.5%の高還元率で、
ビューサンクスポイントが付与されたり、普通の買い物でも実質1%ほど貯まります。

また、Suica機能もあるため、Suicaポイント加盟店で利用するとSuicaポイントが貯まります。
つまり、このクレカで一枚でカード会社と提携会社・電子マネーが関連づけられているため、
複数のポイントが一緒になっているカードを、それぞれ使い分けても良いと思います。

ポイントをより多く貯める方法は

ポイントをより多く貯めたいと言っても、そのために、買い物ばかりするわけにもいきません。まずは、普段の生活の中で、どのような部分にお金がかかっているか、支出を確認しましょう。毎月の光熱費や家賃、電話代など、特に多く支払ってるものをカード払いにすること。

例えば、公共料金などに毎月10万円支払い、それを還元率1%のクレジット払いにした場合、月々だと1000ポイントも貯まり、年間計算で、12000ポイント=12000円ほど獲得できます。
もちろん、カード会社によってポイント対象は異なるため、一概には言えませんが…

また、スーパーや百貨店など、提携カードの場合は、それぞれの提携店ポイントも貯まります。このようなカードの多くは、特定日に改めて利用すると、ポイント付与率がさらに上がるため、前もって内容を確認した上で、まとめ買いをすると、ポイントが貯めやすくなります。

貯まったポイントの賢い使い方は

ポイントに応じて交換できる商品は、カード会社のオリジナルグッズや、商品券・図書券など。実際にポイントを貯める際も、どう使うのか、最終的な目標を決めておいた方が良いでしょう。マイルを貯めて家族旅行に行きたいとか、商品や金券に変えてお小遣いを増やすとか。

特になければ、楽天カードのように、楽天で使用できるポイントに交換しても良いと思います。一般的に、クレジットカードのポイントは、ある程度、貯まらないと交換できない場合が多く、あまり使っていないと、気がつかない間に、ポイントが失効するので注意しましょう。

そのような方は、すぐにポイントを使えるようなクレジットカードの方が良いかもしれません。また、P-oneカードのように、利用金額の1%を自動的に割引する便利なカードもありますし、付与されるポイントの多くは、他の会社のポイントに別途、交換することも可能です。

有効期限で失う前にポイント交換

せっかくコツコツと貯めてきたポイントも、有効期限を忘れて失ってしまったらもったいない。別途、今すぐに交換したいものがなければ、とりあえず、他のポイントに交換しておきしょう。ポイントなら有効期限などありませんし、改めて、じっくり選ぶこともできますから。

また、複数のポイントを保有している場合、個別に把握しておくことは、なかなか難しいもの。例えば、ポイントサイトをブックマークしておき、リスト化して管理する方法などありますし、定期的にチェックするようにすれば、現在のポイント保有を把握することができます。

このような方法は少し面倒という方は、ポイント管理サイトやスマホ用アプリなどもあります。管理サイトとして有名なのは、ポイント探検倶楽部で、手持ちのポイントを一元管理できます。有効期限が近づくと、メールで通知する機能もあり、ご興味ある方はご検討ください。

クレジットカード比較ランキング

楽天市場やヤフーショッピングなど、大手通販サイトでは公式クレジットカードを発行しています。多くのサイトで買い物の決済時に公式クレジットカードを利用することで付与されるポイントや還元率がアップしますので、まずは具体的な還元率の違いなど確認しておきましょう。


ネットショッピングにオススメのカードとは