初心者でも分かる!クレジットカードの基礎知識と仕組み

クレジットカード

買い物の時などよく使用するクレジットカード、どうして現金の代わりに支払いできるのか、
決済会社はどのように利用者を信用しているか、クレジットカードの仕組みから選び方まで、
いまさら聞けないクレジットカードの基礎知識について、分かりやすくご紹介します。

クレジットとは英語で「信用・信頼」という意味。あるお店とカードで買い物をしたとします。その際、購入代金(利用金額)を引き落とし日までに、銀行口座に入金する必要がありますが、カード会社は事前審査により、利用者を信用しているため、代金を立替えてくれます。

おたがいの信用で成り立つ仕組み

クレジットカードを利用する場合、店舗側はカード会社に手数料を支払わなければなりません。ただし、カード決済を導入することによって、決済方法が増えるため、お客様の利便性は増し、あの商品がほしいけど、手持ちの現金が少ないという機会ロスを防ぐことができます。

また、クレジットカード会社には、契約している店舗からの手数料やカード会員からの年会費、分割払いの手数料が受け取れるというメリットがあります。このように、カード会社と店舗側、実際に利用するユーザー、それぞれの立場でメリットがある仕組みがカード決済です。

例えば、お客様が買い物する際、手持ちの現金を気にせず、利用できるのは大きな魅力ですし、支払回数を調整することで、月々の支出もコントロールできます。ただ、通常二回払いまでは、手数料がかかりませんが、分割回数に応じてかかる場合もあるため、注意しましょう。

クレジットカードを持つメリット

クレジットカードを持つメリットとしては、「信用を証明する」ということもその一つですが、カード会社には、利用金額に応じて付与されるポイントがあり、このポイントを貯めることで、各スーパーやデパートの商品券や、航空会社のマイレージに交換することができます。

そのため、実際にクレジットカードを選ぶ際は、自分自身の生活パターンを振り替えましょう。コンビニやスーパー、百貨店やドラッグストアなど、どの店舗で最もよく買い物しているのか、多くの場合、お店ごとにポイントが貯まったり、割引になる特典が用意されています。

例えば、コンビニの中でも、セブンイレブンを利用するなら「セブンカードプラス」にしたり、スーパーのイオンで買い物するなら、還元率が高くなる「イオンカードセレクト」にするなど、お得なクレジットカードに切り替えるだけで、ポイントはどんどん貯まっていきます。

目的に応じて異なる国際ブランド

クレジットカードを作る際は、VISAやMasterCard・JCBなど、国際ブランドも選びましょう。
セゾンやビューカードなど、国内ブランドは基本的に国内の加盟店でしか利用できませんが、
国際ブランドと提携することで、海外を中心にいろいろな所で使えるようになります。

選び方として、海外旅行や出張など使い勝手を求めるなら、加盟店が多いVISA・MasterCard。
主に国内を中心に使用するならJCB、ステータス性を重視するならアメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブなど。別途、複数のカードを持って、使い分けても良いと思います。

なお、セゾンやビューカードというブランドは、いわゆるクレジットカードの発行元のことで、一般的に国内ブランドと呼ばれています。その多くは企業と組んだ提携カードを発行しており、例えば「ANA VISA Suicaカード」なら、発行元はビューカードで、提携企業がANA。

クレジットカードの審査基準とは

クレジットカードは信用で成り立ちますから、申し込む場合は、当然、審査が必要になります。主な審査基準としては、返済せずに連絡が取れないケースを防ぐため、居住場所のチェックや、申込者に安定した収入や年収があるのか、きちんとした返済能力を持っているかなど。

その他、本人の年齢や職種、実際の勤務先や居住年数、住居の形態や家族構成より判断します。一般的に、年齢や年収は高い方がよく、勤務先も大きい方が有利で、公的機関なら評価が高い。住居に関しては、一人暮らしやアパートより、社宅や持ち家などの方が有利でしょう。

支払い履歴や借入れ状況など、カード会社は、個人信用情報センターという機関に照会します。この中立機関では、銀行やカード会社・消費者金融など、利用者の履歴が一括管理されており、過去に借金があったり、延滞の経験が持つ申込者ほど、低い評価を受けてしまいます。

分割払いより一括払いの方がお得

クレジットカードの支払い方法には、一括払い・分割払い・リボ払いなどがあると思いますが、決済後、およそ1~2か月後に支払いをする一括払いは、分割手数料(金利)がかかりません。とは言っても、買い物の金額が高額な場合、翌月一括払いはなかなか大変と思います。

このような場合は分割払いを選ぶことができます。二回までなら、分割手数料がかかりません。ただし、三回以上に分割する場合は、支払い回数に応じ、手数料がかかるので注意しましょう。主なメリットとしては、毎月に支払う金額や、具体的な返済時期などが把握できます。

リボ払いとは、限度額の範囲内なら金額に関わらず、月々の支払いの額が一定になる方法です。毎月の支払額が一定になるため、リボルビング払いの場合は、支出の管理が容易になりますが、金額が高くなると支払回数も増えてしまい、結果的に金利が高くなる場合もあります。

支払い期限までの入金は忘れずに

支払日までに口座への入金を忘れ、引落としが確認できないと、支払いの延滞状態になります。その場合、クレジットカード会社からその旨を郵便などで通知されます。すぐに支払わないと、個人信用情報センターに記録されますが、短い期間なら、気にする必要はありません。

ただし、支払い指定日までに払わずに放置しておくと、コールセンターから直接連絡がきたり、別途、督促状などが送付されてきたり、最終的にクレジットカードの利用ができなくなります。3ヵ月以上、延滞の状態が続くと、個人信用情報センターに事故として登録されます。

当然のごとく、事故として登録されてしまうと、カードも作れませんし、ローンも組めません。また、事故記録はおよそ5年間残りますので、その間は新しいクレジットカードを使えません。この個人信用情報センターへの事故記録が、いわゆる「ブラックリスト」になります。

クレジットカード比較ランキング

楽天市場やヤフーショッピングなど、大手通販サイトでは公式クレジットカードを発行しています。多くのサイトで買い物の決済時に公式クレジットカードを利用することで付与されるポイントや還元率がアップしますので、まずは具体的な還元率の違いなど確認しておきましょう。


ネットショッピングにオススメのカードとは