電子マネーのクレジットカードはリクルートカードがお得!

クロワッサンとコーヒー

SuicaやWAON・楽天Edyなど、日常の生活の中で電子マネーを利用している方も多いですが、
決済機能を持つスマートフォンを改札口やレジの端末に触れさせるだけで支払いできたり、
小銭を持ち歩く必要もなく、ポイントやマイルが貯まるためとても便利でおトクです。

現金を持たずに支払いができる

電子マネーの種類やタイプとして、Suica・楽天Edyを始めとしたプリペイド式(前払い)と、
iD・QUICPayなどのポストペイ式(後払い)があります。プリペイド式は事前にチャージし、
残金が少なくなってきたら、その都度、専用アプリや端末で入金する必要がありますが、

登録済みのクレジットカードから、自動的にチャージされる設定(オートチャージ)にすれば、わざわざ入金する必要もありません。一方、ポストペイ式は、利用料金を後払いするタイプで、後からまとめて請求されるため、便利だからとつい使いすぎないように注意しましょう。

年会費は無用で還元率が1.2%!

プリペイド式の電子マネー系クレジットカードとして、特にオススメなのがリクルートカード。一般カードだと、還元率が低かったり、チャージしてもポイントがつかない場合もありますが、リクルートカードなら決済時はもちろん、チャージしても1.2%と高い還元率が特徴です。

また、Suicaやnanaco・楽天Edyなど、有名どころの電子マネーチャージに対応していますし、
コツコツと貯めたリクルートポイントは、「Pontaポイント」に1ポイントから交換できたり、
ローソンや昭和シェル石油・ケンタッキーフライドチキンなど、各店舗で利用できます。

通販サイト好きならこのカード

ファミリーマートやヤフーショッピングを利用する方なら、Yahoo!Japanカードがオススメ。Yahoo!JapanカードでSuicaやnanacoにチャージすると、1%のポイントが付与されますし、
ヤフーショッピングに使用すれば3%、キャンペーンの時なら、10%以上にもなります。

また、Tポイントが使えるお店やコンビニなら、買い物の際に付与されるポイントはもちろん、
別途、電子マネーをチャージすれば、1%付与されるため、ポイントの二重取りができてお得。ファミマでよくお買い物をしたり、ヤフーユーザーにとっては、選択肢の一つでしょう。

セブンイレブンをよく使うなら

食料品や衣料品など、セブンアイグループを利用する方は、セブンカード・プラスがオススメ。提携の電子マネーは「nanaco」のみとなりますが、チャージすると200円ごとに1ポイント、
セブングループの店舗で支払う際、nanacoなら、100円ごとに1ポイントが貯まります。

また、セブンイレブンなどで対象商品を購入すると、別途、ボーナスポイントが付与されたり、毎月8のつく日に、イトーヨーカドーで買い物をすると、料金がうれしい5%オフとなります。セブンイレブンなら、税金や水道代などの公共料金も、nanacoで支払うことができます。

電子マネーにより異なる還元率

電車をよく利用するなら、Suicaチャージで還元率1.5%になる、ビッグカメラSuicaカードや、
東急線に頻繁に乗るという方なら、PASMOの電子マネーチャージで還元率が1%となったり、
午前7時までに東急線に乗車すると、5%のポイントがつくTOKYU CARDもあります。

基本的にポイントが付与される還元率は、使用する電子マネーの種類によって異なりますので、コンビニごとにクレジットカードを使い分けたり、複数のカードを持つのが面倒だと言う方は、Suicaやnanacoでチャージしても、還元率が高いリクルートカードが便利だと思います。

クレジットカード比較ランキング

楽天市場やヤフーショッピングなど、大手通販サイトでは公式クレジットカードを発行しています。多くのサイトで買い物の決済時に公式クレジットカードを利用することで付与されるポイントや還元率がアップしますので、まずは具体的な還元率の違いなど確認しておきましょう。


ネットショッピングにオススメのカードとは