発酵黒にんにくの抗酸化作用!動脈硬化や高血圧の予防に

大刀洗の採れたて野菜

老化や多くの生活習慣病を発生させる活性酵素。私たちの身体の中には活性酵素を取り除く抗酸化能力がありますが、年齢ともにその能力は衰え、いつの間にかカラダの中に活性酵素が蓄積されるため、原因を取り除きつつ抗酸化物質を摂取することが、病気予防につながります。

活性酵素は多くの病気の9割以上に関与

人間を含め、多くの生物は酵素を使ってカラダの中で栄養分を分解し、エネルギーを保ちます。ただ、体内に取り入れた酸素は、エネルギーを作り出す代謝過程で、不安定な状態になるため、約2%が毒になってしまい、それが病気や老化の原因となる活性酵素です。

活性酵素は細胞レベルで障害を引き起こし、病気発生の9割以上に関与すると言われています。ある意味、ガンや老化などの生活習慣病は、カラダが活性酵素との戦いに敗れてしまった結果。逆に言うと、活性酵素を除去させれば、いろいろな病気の予防改善が期待できます。

発酵黒にんにくの持つ抗酸化パワーとは

発酵黒にんにくは、にんにくを長時間熟成することで、強力な抗酸化作用と抗ガン作用を持つ、
S-アリルシステインが4倍になり、ポリフェノールや動脈硬化に効果あるシクロアリインも、
数倍から数十倍に増加することが、日本食品分析センターの結果で明らかにされています。

また、ポリフェノールにも抗酸化作用があるため、S-アリルシステインとの相乗効果により、
発酵黒にんにくは、一般的な生にんにくの十倍もの「抗酸化パワー」があると言われており、
その強力な抗酸化作用が、健康増進と美容効果などに役立つと注目されています。

血液サラサラで動脈硬化や高血圧を予防

私たちの身体のすべてに酸素や栄養を送り届け、老廃物や二酸化炭素を回収してくれる血液は、体内をスムーズに流れることがとても大切。できる限り、サラサラの状態が望ましいのですが、生活習慣などにより、ドロドロだと流れが悪くなり、いろいろな支障を引き起こします。

たとえば、末端組織の酸素不足で栄養失調になると、それが免疫力の低下につながり、高血圧や動脈硬化、ガンの発生ということも。その点、発酵黒にんにくには「コレステロール低下作用」
「LDLの酸化防止作用」「血圧低下作用」「血小板凝集抑制作用」が認められています。

血栓除去を促したり、血行を良くしたり、血管を拡張し血液の流動性を高め循環を良くしたり、このような作用で血液をサラサラにすることで、動脈硬化や高血圧、ガンを予防してくれます。さらに、体内の代謝を促進させ、体熱生産を高め、冷えなども改善してくれます。

発酵黒にんにくの力でアンチエイジング

また、発酵黒にんにくは脂肪燃焼系のアミノ酸が多く含まれているため、太りにくく痩せやすいカラダに変えてくれます。人は皆、いつまでも若く美しく元気な状態で過ごしたいと思うもの。特に近年、高齢者の方を中心に、美と若さを保つアンチエイジングが注目されています。

もちろん、バランスのとれた食事や禁煙、適度な運動などが大切になってくるのは当然として、具体的にアンチエイジングを意識する際は、「抗酸化力・免疫力・代謝」を高めることが大切。たとえば、シミやシワなどの老化は、酸化が引き金のため、抗酸化力が欠かせません。