低リスクで安心!ビットコイン積立投資メリット・デメリット

ぐらつくビットコイン

年末に湧いた一時的なブームも、最近はすっかり落ち着いた感じの仮想通貨ビットコイン。
改めて新しくビットコインに投資するなら、少額資金で始められる積立投資がオススメ。
ビットコインの積立投資とはなにか、メリット・デメリットなど簡単にご紹介します。

少額資金で続けられる積立投資

ビットコインなど仮想通貨に限らず、積立投資とは、毎月一定額を積み立てる投資手法のこと。
誰でも簡単に始められ、値動きの分析も必要なく、少ない投資資金でリターンが期待できます。時間差で投資することによって、リスク軽減にもつながるため、安全性が高い方法です。

具体的なメリットとしては、毎月5000円程度の少ない投資額でも、稼げる可能性があること。
また、ビットコイン自体、値動きそのものがかなり激しいため、為替変動リスクとして高く、
決まった額を決まった時期に投資する積立なら、リスクを抑えながら続けることが可能。

また、短期的な売買や戦略的な取引を行う場合、複雑な分析などが必要になる場合が多いもの。積立投資なら、毎月、決められた額を取引するだけなので、面倒な作業なども必要ありません。ビットコインの状況によっては、初心者でも簡単に儲けられることがメリットでしょう。

相場観に左右されない自動積立

ビットコインなど、積立投資で利益を得るためには、値動きに左右されずに投資し続けること。相場の状況によって、突然、急騰・急落しても、毎月決まった金額で取引することで大切です。中途半端に売買の時期を変えたり、投資金額を変えてしまうと、リスクは高くなります。

つい値動きを追ってしまい、上手く取引できないときは「自動積み立てサービス」がオススメ。自動的に積み立てる手法でしたら、自身の状況とは関係なく取引を行うため、定額投資に便利。ビットコイン国内取引所では、Zaif(ザイフ)で自動積み立てサービスを利用できます。

積立投資のデメリットとしては、投資資金が少なすぎると、利益も少なく、儲かりづらいこと。ビットコインの売買には売買手数料がかかり、取引所に入出金する際も、手数料がかかります。そのため、最低でも月5000円、できれば月1万円程度を目安に投資すると良いでしょう。

まだ不安定要素が多い仮想通貨

例えば、1BTC=80万円で購入しても、次の日に1BTC=70万円になると、10万円の含み損。
分散型の積立投資なら、一時的な上昇下降はあっても、最終的には平均価格で運用できます。
もちろん、大きなリターンになりませんが、無駄な損失リスクは抑えられると思います。

実際、去年後半の値動きを見る限り、この時期に始めておけば、利益は確保できていましたし、手数料など差し引いても、投資金額のおよそ4倍となり、得られる儲けとしては十分でしょう。もちろん、今年もこの流れかどうか分かりませんが、一つの手法であることは確かです。

誰でも簡単に始められる積立投資といっても、いきなり大きな金額を投資するのは避けるべき。なぜなら、昨今のコインチェック騒動のように、ビットコイン自体、不透明な部分が多いため、月5000円程度など、無理のない金額の範囲内で、リスクを抑えた運用を心がけましょう。

ビットコイン取引所の選び方とは

ビットコインに限らず、仮想通貨の取引を行うには国内の取引所を利用する必要がありますが、ビットコインの注目とともに取引所の数は増えており、今後ますます新規参入が予想されるため、取引手数料の安さや安全性の高さなど初心者でも迷わない取引所の選び方を紹介します。


初心者でも失敗しない安全な取引所の選び方