スマホ決済サービスとは?メリット・デメリットと特徴を比較

顔認証でロック解除

昨年秋に「Apple Pay」が新しく登場したことで、スマホ決済サービスが注目されていますが、
確かに便利らしいと分かるものの「LINE Pay」など、各サービスでその特徴は異なります。
どんな種類や違いがあるか、スマホ決済サービスのメリットデメリットを紹介します。

とても便利なスマホ決済とは

スマホ決済サービスとは、お使いのスマートフォンに電子マネーやクレジットカードを登録し、専用端末があるお店や駅の改札口等で、スマホでタッチしたり、コードをスキャンすることで、財布を取り出したり、小銭を受け取ることなく、簡単に支払いができるシステムのこと。

残高が足りない場合など、チャージ入金もスマートフォンで簡単に行えるため、利便性が高く、複数の電子マネーやクレカもスマホ一台に登録できるので、わざわざ現金など持たなくて済み、一般的なカード決済と同じく、利用金額に応じて、ポイントが付与されるのもメリット。

デメリットとしては、サービスごとに対応する電子マネーや、利用できる端末が限られること。タッチ式のスマホ決済サービスなら、ICチップが搭載している端末でないと利用できませんし、スキャンタイプのサービスなら、駅改札を通過する際、タッチ支払いが使用できません。

チャージタイプ型の特徴とは

「Apple Pay」「Android Pay」「おサイフケータイ」など、チャージタイプのスマホ決済は、
お店や店舗にある専用の端末にスマホをかざすだけで、決済できるという利便性がメリット。
登録したカードや現金で電子マネーを入金すれば、コンビニや交通機関で使用できます。

利用できる電子マネーは、おサイフケータイはもちろん、プリペイド式の「nanaco・Suica」
ポストペイ式の「iDやQuickPay」など。比較的、利用頻度が高いのは「Suica」でしょうか。
その点、「Android Pay」はnanaco・楽天Edyのみで、少し物足りないかもしれません。

複数の電子マネーやクレジットカードを登録する際、できる限り、使い勝手が良いことも大切。チャージタイプのポストペイ型なら、入力作業などに手間のかかる「おサイフケータイ」より、
スマホの画面のみで最後まで完結できる「Apple Pay」の方が登録しやすいと思います。

Apple Pay

「Apple Pay」の特徴としては、利便性の高いSuicaなど、iD・QuickPayに対応していること。
利用できるスマホ端末は、「iPhoneX・8・8Plus・7・7Plus・Apple Watch Series3/2」
古い機種などは利用できず、起動時の設定次第で、スリープ状態でも支払いできます。

Android Pay

「Android Pay」の特徴としては、「nanaco・楽天Edy」が使える分、Suica機能がないこと。
ただ、Tポイント・dポイントカードを登録できるため、ポイントを貯めることはできますが、nanacoは、クレジットカードの登録はできるものの、チャージすることはできません。

おサイフケータイ

おサイフケータイの特徴としては、Suicaやnanacoなど、主要な電子マネーを利用できること。
その他、dポイントなど、各種ポイントサービスを登録できたり、会員証として利用できます。
ただ、iPhoneの場合は使用できる機種が最新のものに限られるため、注意しましょう。

コードスキャン型の特徴とは

端末に関わらず利用できるコードスキャンタイプとしては「楽天ペイ」「LINE Pay」があり、
「楽天ペイ」なら、支払い時に専用のアプリに金額を入力し、店員に決済画面を見せるだけ。
利用金額に応じて、楽天スーパーポイントやカード決済分のポイントも付与されます。

「LINE Pay」は、画面に表示されたバーコードを、店舗側がスキャンして決済するシステム。
登録した銀行口座やコンビニでチャージはできるものの、クレジットカードの入金はできず、
バーコード決済はポイントもつかないため、お得感という点では不満が残るでしょう。

提携店こそ少ないものの、「Origami Pay(オリガミペイ)」という決済サービスもあります。
主な特徴として、ポイント還元でなく、提携店ごとに金額に応じた割引特典を提供しており、
結果的に、現金で支払うより安く値引きされるため、検討しても良いかもしれません。

楽天ペイ

楽天ペイは、チャージ型の「楽天Edy」とは異なり、バーコードをスキャンする決済サービス。
使える店舗は限られるものの、決済額に応じ、楽天ポイントが付与されるシステムは同じで、
貯まったポイントで支払いできたり、混雑時などもレジに並ぶことなく決済できます。

LINE Pay

LINE Payは、スマホを使ってユーザー同士で、お金のやり取りができる送金機能があったり、
飲み会などの会計を支払う際、参加メンバーに均等な金額を請求してくれる割り勘機能など、
他のスマホ決済サービスとは、少し変わったユニークな機能があるのが特徴でしょう。

Origami Pay

Origami Payは、提携しているお店なら、いつでも何度でもうれしい特典割引を受けられます。
クレジットカードで支払うシステムのため、カード決済のたびにポイントも獲得できますし、
ケンタッキーフライドチキンなどで使えますが、現状、JCBカードは利用できません。

クレジットカード比較ランキング

楽天市場やヤフーショッピングなど、大手通販サイトでは公式クレジットカードを発行しています。多くのサイトで買い物の決済時に公式クレジットカードを利用することで付与されるポイントや還元率がアップしますので、まずは具体的な還元率の違いなど確認しておきましょう。


ネットショッピングにオススメのカードとは