手軽に使える!プリペイドカードのメリットとデメリット

メッセージカード

クレジットカード代わりに利用できる利便性ゆえ特に人気を集めているプリペイドカード。
2%という高還元率が魅力のLINE Payカードなど、まだ知名度はそうないようなので、
クレジットカードと比較し、どんなメリットやデメリットがあるか簡単に紹介します。

チャージ式クレジットカード

プリペイドカード(通称プリカ)を一言で紹介すると、チャージ式のクレジットカードのこと。分割決済や先延ばしはできませんが、コンビニやスーパー、ネットショップ等で使用できたり、クレジットカードのように、利用した金額に応じて、ポイントを貯めることができます。

これまでは事前審査がなかったり、必要以上に使い過ぎないよう防止することが目的でしたが、「au Walletカード」や「LINE Payカード」により、その使い勝手の良さが注目されています。
例えば、スマホで簡単にチャージ入金できたり、毎月の利用明細もすぐ確認できるなど。

LINE Payカードの魅力とは

数あるプリペイドカードの中でも、特にオススメしたいのが、LINEによる「LINE Payカード」
その魅力は還元率2%という高い数字で、一般的なクレジットカードと比べてもお得ですし、
貯まったポイントはプリカにチャージし、現金としても使えるため、無駄がありません。

具体的なデメリットとしては、実際に使用する際、事前にチャージする必要があるということ。
ただし、あらかじめ支払い用の銀行口座を登録すれば、スマートフォンでチャージできますし、いざという時の残高不足を防げたり、アプリ自体の操作もそう難しくはないと思います。

もちろん、オートチャージ機能もありますので、頻繁に利用する方は検討しても良いでしょう。少し残念な点として、公共料金や保険料・新聞など、月額・継続契約の支払いができないこと。基本的に、このような支出はポイントが貯まりやすたいめ、ぜひ改善してほしいですね。

チャージ金額に上限あり!保証もクレカと比べると弱い

また、プリペイドカードの多くは、十万円程を目安に、チャージ入金できる上限額があります。そのため、十万円以上する高級家電や家具を購入する際は、利用できないので注意しましょう。その他、不正利用時などの補償額も、クレジットカードと比較すると少ないと思います。

「LINE Payカード」以外としては、携帯キャリアが発行元プリペイドカードもおすすめです。
例えば「auWALLETプリペイドカード」も、登場した当時の高い還元率はなくなりましたが、
ポイントアップキャンペーンなど、定期的に行われていますので、チェックしましょう。

クレジットカード比較ランキング

楽天市場やヤフーショッピングなど、大手通販サイトでは公式クレジットカードを発行しています。多くのサイトで買い物の決済時に公式クレジットカードを利用することで付与されるポイントや還元率がアップしますので、まずは具体的な還元率の違いなど確認しておきましょう。


ネットショッピングにオススメのカードとは